東京にはagaの治療を専門に行っているクリニックが多いですよ

遺伝子の影響によりテストステロンと体内酵素の5α-還元酵素が結び付く、これが脱毛を促進させてしまう脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換されると、髪の毛のサイクルは乱れてしまい、生えて来た髪の毛を短期間で抜け毛へと変えてしまう事になります。
これはagaと呼ばれている男性特有の脱毛症なのですが、同じようなメカニズムで女性にも生じるケースが多くなっているのです。
髪の毛が抜ける事が多いなと感じた時、自分はagaの症状なのではないだろうかと不安に感じる人は多いのではないでしょうか。
特に、シャンプーをしている時や髪の毛をとかした時に、大量に抜け毛が起きてしまえば、ハゲを連想してしまい、どうすれば良いのか迷う人は多いと言えましょう。
髪の毛は生えていて当たり前であり、薄くなってしまうとハゲと言う汚名を着せられてしまうのが嫌と感じる人は多いわけですから、何とかしないと考える人は多いわけです。
agaは専門クリニックでの遺伝子検査や血液検査を受ける事が必要な脱毛症で、遺伝子の検査や血液検査を行ってくれるクリニックが東京の中には多数ありますよね。
検査を行う目的はagaと言う脱毛症であるのか否かの診断と、医薬品の相互作用を診察するためであり、遺伝子検査を受けてagaの脱毛症を持つと言う診断結果が出たとしても、血液検査で医薬品の作用が確認出来れば安心してAGA治療を受けられますし、血液検査では副作用のリスクなども解るので治療に専念する事が出来るのです。